部署の紹介

外来

往診・訪問診療・訪問看護

当院では、心身にハンディキャップを抱える人々が、地域で安心して生活できるように、医師による往診、訪問診療や看護師・精神保健福祉士・作業療法士による精神科訪問看護・指導を行っております。

詳しくはこちら

認知症疾患医療センター

当院では平成24年12月1日付けで京都府知事からの指定を受け認知症疾患医療センターを開設しました。
「認知症疾患医療センター」とは認知症患さんとその家族が住み慣れた地域で安心して生活ができるための支援の一つとして都道府県が指定する病院に設置するものです。

詳しくはこちら

精神科一般病棟

精神科一般病棟には、回復期・慢性期治療の他、生活リズム改善・薬剤調整の短期入院を対象とする病棟および急性期・慢性期治療を対象とした病棟がございます。

詳しくはこちら

認知症治療病棟

認知症を発症された方を対象にした専門治療病棟です。

詳しくはこちら

医療福祉相談室

臨床心理室

生活のなかでの困りごとがあれば、精神保健福祉士がご相談をお受けいたします。

詳しくはこちら

デイケア室

精神科デイケアとは、病気の再発予防と社会復帰の促進を行う通所型のリハビリテーション施設です。

詳しくはこちら

臨床心理室

臨床心理室では、さまざまな心理的問題を抱えておられる方を対象に、カウンセリング(心理療法)を行っています。

詳しくはこちら

作業療法室(OT室)

作業療法は、入院・外来治療の一環として、薬物療法・精神療法とともに行なわれているリハビリテーションの一つです。

詳しくはこちら

栄養科

食事は手作りを基本とし、大量調理施設衛生管理マニュアルに沿って衛生管理を徹底して行い患者さん安全で安心して美味しく食べていただける食事作りを行っています。

詳しくはこちら

医局

精神科の入院から外来まで、一貫継続した治療を提供しています。精神療法と薬物療法が治療の中心になりますが、生活力の向上や地域社会への復帰を目指し、他職種と緊密に連携しながら治療にあたっています。
また医師が必要と判断した場合には、臨床心理士によるカウンセリング、作業療法士による作業療法、薬剤師による薬剤管理指導(入院のみ)、管理栄養士による栄養指導、デイケアへの通所(外来のみ)などもご利用いただいています。

薬局

薬局では病院内の医薬品管理と注射薬を含めた調剤業務を行っています。入院処方はすべて薬品の相互作用や重複などが生じていないか、用法用量は問題無いかなどをチェックしています。また現在服用・使用されている薬品についての説明を行ったり副作用などが出ていないかなどを調べたりしています。
お薬について不明な点があればお気軽にお尋ねください。

検査室・放射線室

検査室 脳波 心電図 APG(血管老化度測定) 血液検査
放射線室 一般撮影 CT 骨塩定量(骨密度)検査

このページの先頭へ戻る