院長就任のご挨拶

私吉田佳郎は、本年平成26年4月1日より療道協会西山病院院長に就任いたしました。

患者様ご家族の皆様、関係機関の皆様よろしくお願い申し上げます。

私は昭和49年に医学部を卒業いたしました後、昭和52年に国立舞鶴病院(現在の舞鶴医療センター)に勤務いたしました。舞鶴では、大人の精神医療とともにこどもの精神科医として、与謝の海養護学校、舞鶴養護学校の学校医、福知山児童相談所の嘱託医として、心身に障がいのある子供さんたちへの医療活動をおこないました。
平成2年に京都府を離れて、大阪赤十字病院精神神経科に異動いたしました。大阪では、精神科における身体合併症医療、緩和ケアなど総合病院の精神科医療の確立に力を尽くしてまいりました。 このたび24年ぶりに京都の地に戻ってまいりましたが、地域の皆様のお力添えをいただき、西山病院におきまして、より良き精神科医療を発展させていただきたく思っております。

西山病院運営の理念

第1に地域の患者さんやご家族が安心して医療を受けられるような療養環境を一層整えるように努力いたします。こどもから高齢者まで安心して医療を受けることができるように職員一同努力していきたいと思います。

第2に患者様の人権を守るために、精神保健福祉法をはじめとする精神科医療にかかわる法律を遵守し、医療の安全の確立に努めます。

第3に、西山病院の医療はチーム活動として展開いたします。職員一人一人が、お互いを認め合い協力し合うような職場をつくり、ひいては患者様やご家族の思いに応えるような医療を目指してまいります。

最後に、地域の医療機関、行政、学校、介護などの機関と連携しながら西山病院の医療活動を展開することが何よりも大切と考え、地域における医療連携の確立に努めます。

病院情報

このページの先頭へ戻る